緑でサラナの天然アミノ酸とは?

野菜たっぷりの代わりになる

緑でサラナは、1日の野菜摂取量が目標値まで届かない人に適している飲料です。アブラナ科の野菜であるブロッコリーやキャベツにたくさん含まれているSMCSという成分は、天然アミノ酸の一種で臨床試験の中で悪玉であるLDLコレステロールを低下させる作用が確認されています。野菜をたっぷり取ることがコントロールになることは知られていましたが、中でもSMCSを効率よく取り入れれば高い効果が期待できます。

緑でサラナは、SMCSをたっぷり含んだ特定保健用食品として表示許可を取得しています。特定の保健機能を有していること、有効性や安全性、品質等が認められた製品に与えられるものです。

 

天然アミノ酸がどのように働くのか

緑でサラナに含まれているSMCSが、体内に入ってLDLコレステロールを下げる働きをしてくれるのは、コレステロールを胆汁酸に変える酵素を活性化してくれることがポイントです。偏った食事の人は、血中内にコレステロールがたくさん溜まっている状態で、肝臓がその処理を頑張ることで正常に保とうとしています。

しかし、機能が十分に働いてくれないといつまでも血中にたくさん残った状態になってしまいます。SMCSがサポートとなり酵素が活性化されると、効率よく胆汁酸になって小腸へ送られ、体外へ排出されていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です