緑でサラナで良質なアミノ酸が摂れる!

コレステロールはどんなものか

野菜不足という人は多いでしょう。そういう人は悪玉のコレステロールが増えがちです。コレステロールは肝臓の中で酵素によって胆汁酸に変わり、最終的に排出されます。緑でサラナと呼ばれる飲料に配合されているSMCSという天然のものは良質なアミノ酸です。

アブラナ科の野菜に、このアミノ酸がたくさん含まれています。このアミノ酸には、前記したようにコレステロールを胆汁酸に変える酵素の働きを、活性化させる働きがあります。肝臓の中での胆汁酸の合成を促して、コレステロールの排出量を増やすのです。野菜不足という人は良質なアミノ酸が摂れる緑でサラナを飲みましょう。

 

DHA&EPA+セサミンEXの効果

緑でサラナと同じようにサントリー DHA&EPA+セサミンEXも悪玉のコレステロールに有効なものです。DHAには悪玉のコレステロール値を下げる働きがあります。それから、EPAに関して順に説明します。悪玉のコレステロールが増え過ぎると、血液がドロドロになります。

また、増え過ぎた悪玉のコレステロールによって、血管が狭くなります。EPAには血が固まりにくくなる作用があります。EPAによって血液がスムーズに流れるようになるということです。このことにより、動脈硬化などを防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です